声優 松崎亜希子のかんづめ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
金瓶梅〜2
DSC_0155.JPG
確かにあたしは、喜怒哀楽が激しい。
けど、人前ではあまり泣かないんだ。

でも、この二年間は、何かが壊れてしまったのだと思うほど泣いた。

悔しさや、不安で泣き、そのうちに、優しさや、愛で泣いた。
こんなに、色んな人に支えられているのだと本当に見に染みた。
金瓶梅が、出来上がるまでに、本当に沢山の方々のに応援してもらった。

一年前、沢山のスタッフの方々に、公演を延期する事になった旨を電話した時、悔しさや、申し訳なさや、不安が渦巻いて吐き気がするくらい泣いてしまったあたし達を、みんな電話越しに抱きしめるように、必ず一年後に再演しようと、固く約束してくれた。

再演が、決まり、予定より色んな無理な注文が出て恐る恐るお願いするクロジに心配するなと背中を押してくれたのもスタッフのみんなだった。
だから、本番を迎え、芝居を見に来て下さった大道具会社の社長さんが「本当に良かった」と言ってくれて、二人でロビーで泣きあったりした。

他のイベントでたまたまお会いしたお客様に「クロジ☆のチケット、返金しないで再演するまでお守りにお財布に入れてあるんです。」と言われ、嬉しくてひっそり泣いた。

今までクロジに出演して下さった役者の方々が楽屋で「クロジ、10回おめでとうっ!!」と言ってくれて、胸がいっぱになった。


沢山、沢山しんどいことがあった。
その分、沢山沢山、嬉しい事があった。


そんな公演だった。

02:51 - comments(0)
スポンサーサイト
02:51 - -
comment
send



/PAGES