声優 松崎亜希子のかんづめ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ありがとうございますっ!!
27~001.jpg
遅ればせながら、クランク「絢爛とか爛漫とか」無事終了致しました。


久しぶりにガハハッな役でそういえば舞台自体が実は久しぶりでした。
ガハ。

今回の芝居は、ちょっとの間とかちょっとの距離感とかで同じセリフが同じようには言えなくて、実は結構細かく波があったように思います。
回数を重ねれば重ねるだけ、難しさに気付く作品でした。
私の正田薫という役は、ポジティブで「それならそれでいいぢゃない」が口癖の大酒飲みな女流作家。

最後、薫はブラジルに旅立つのだけど歴史的に、この後移民した人たちは海外でそれは大変な目にあうのです。
それをね、演出や文香役のくみちゃんが心配して泣くの。薫がっ薫がって。
それを理恵さんやしほさんと一緒に「も〜(笑)」とかいいながら、でもすごく嬉しくて。薫が生きている事にこんなに実感を持ってくれている人たちがいる事すごく嬉しくて。

幸せでした。


なんだかんだと稽古中はバタバタあったけど、最後は役者みんな劇中のように気のおけない、ゲラゲラ笑いあえるチームとなりました。
役者もスタッフもピンッとした緊張感をも持ち、自分を高める努力を怠らないガッツのある座組でした。

そして最後に、観劇下さった皆様、応援して下さった皆様。本当に本当にありがとうございました。
劇場に入って、お客様の体温を感じ空気を貰いようやくこの「絢爛とか爛漫とか」は完成しました。本当にお客様なしには出来上がらなかった。
心から、心から、ありがとうございます。


これで、ひとまず、私の「絢爛とか爛漫とか」終了します。
やっぱりちょっと寂しいけど。


皆様、本当にありがとうございました。


写真は円陣を組む役者たち。

20:20 - comments(0)
スポンサーサイト
20:20 - -
comment
send



/PAGES